今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:3月23日

戦後を代表する映画監督、黒澤明が誕生

1910(明治43)年 戦後の日本映画を代表する黒澤明が東京府荏原郡(現・品川区)に生まれる。一時は画家を目指す。画学校で洋画を学び、28年二科展に入選。同年造形美術研究所(のちのプロレタリア美術研究所)に入る。29年、日本プロレタリア美術家同盟に参加した。同年、第2回プロレタリア美術大展覧会に政治色の強い5作品を出品した。黒澤の作品に時折、生硬なヒューマニズムが顔を出すのは、こうした経験が背後にあるとの見方もある。36(昭和11)年、画業に見切りをつけ、P.C.L.映画製作所(後に東宝と合併)の助監督募集に応募し、100倍の難関を突破して入社した。戦後の50(昭和25)年に大映で撮った『羅生門』が、翌年のベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。日本を代表する監督の一人となる。

関連記事

その他の出来事

1950(昭和25)年 世界気象機関(World Meteorological Organization: WMO)が設立された。国連の専門機関の一つとして、世界の気象業務の調和、統一のとれた推進に必要な企画・調整活動を行っている。日本は53年に加盟した。2020(令和2)年現在、187カ国・6地域がWMOに加盟。気候変動に関する政府間パネルを国連環境計画と共同で1988年に設置し、地球温暖化のメカニズム解明と予測に取り組む。

関連記事

1953(昭和28)年 中華人民共和国からの引き揚げ第1船「興安丸」と「高砂丸」が舞鶴(京都府)に入港。中国大陸からの引き揚げ事業は戦後の早い時期に行われた。その後、中国人民解放軍と国民党軍による内戦、共産党政権の誕生、朝鮮戦争の勃発などに伴う混乱で中断した。日本赤十字社の仲介により引き揚げ事業が再開された。その第1陣は泰皇島(河北省)、上海から2隻の船に乗り込み、計3967人が母国の土を踏んだ。

1962(昭和37)年 帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)が、丸ノ内線の支線となる中野坂上‐方南町のうち未開通だった中野富士見町‐方南町間1.3キロを開業。現在の丸ノ内線の全線が完成した。丸ノ内線は新宿から東京、御茶ノ水などを経由して池袋に至る路線が先行開業。国鉄中央線の混雑を少しでも解消させるため、丸ノ内線を新宿から荻窪まで延伸し荻窪線として開業。同線は丸ノ内線と一体運用されるようになり、方南町までの支線を含め「丸ノ内線」と路線名称が統一された。

関連記事

気象 黒澤明