今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月5日

山崎さんスペースシャトルで宇宙へ

2010(平成22)年 米航空宇宙局(NASA)がケネディ宇宙センターからスペースシャトル「ディスカバリー」を打ち上げた。シャトルには山崎直子さんら7人が搭乗。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、移送物資の管理や作業の指揮を担当した。日本人女性の宇宙飛行は向井千秋さん以来11年半ぶりだった。米国が翌年、スペースシャトル計画から撤退したため、日本人として最後のシャトル搭乗者となった。

その他の出来事

1915(大正4)年 広島県産業奨励館が完成した。3階建てで正面中央部分は5階建ての階段室。その上に銅板の楕円形ドームが載せられた。後に「原爆ドーム」となる建物である。チェコの建築家が設計したヨーロッパ風の建物は広島名所の一つだった。爆心地から北西約160メートルの至近距離で被爆。ドームを覆う銅版が熔け、爆風が抜けたことにより、建物の壁の一部は奇跡的に倒壊を免れた。96(平成8)年、世界遺産に登録された。

関連記事

1927(昭和2)年 神戸の総合商社「鈴木商店」が倒産した。明治初年に鈴木岩治郎が設立し、鈴木の死後は大番頭の金子直吉が采配を振り砂糖や樟脳(しょうのう)の取引で事業を広げた。明治末期には製造業に進出。神戸製鋼所、帝国麦酒(サッポロビールの前身)、帝国人絹(現帝人)などの有力企業を設立した。第1次世界大戦が始まると軍需増大を当て込んであらゆる商品や船舶の買い出動を指示した。一時は三井、三菱をしのぐ勢いだったが、大戦後の反動不況で積極経営が裏目に出た。主要借入先の台湾銀行が信用不安を起こし、資金繰りがつかず倒産に追い込まれた。総合商社の双日など鈴木商店の流れを汲む企業は数多く残った。

1937(昭和12)年 当時は不治の病といわれた結核の予防を主な目的として保健所法が公布された。同年7月15日に施行され、設置基準は人口10万~13万人に1カ所とした。37年度は沖縄県を除く全道府県に1保健所で46、京都市1、大阪市2、計49が先行設置された。第2次大戦後、GHQ(連合国軍総司令部)の指示で公布された改正保健所法では、保健所の業務として健康相談、保健指導をはじめ医事、薬事、食品衛生、環境衛生などに関する行政機能を併せ持ち、公衆衛生の中心機関としての活動を行う。

1958(昭和33)年 立大から巨人入りした注目の新人、長嶋茂雄が国鉄との開幕戦でデビュー。金田正一投手を相手にバットを振ったが、まともに当てることもできず4打席連続三振。このとき7年連続20勝を誇る球界のエースには歯が立たなかった。

2019(平成31)年 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に人工的なクレーターを作る実験を行い、世界で初めて成功した。JAXAがこの日、発表した。はやぶさ2は金属の塊を対象にぶつけて人工クレーターを作る衝突装置、小型カメラを小惑星に向けて分離。衝突装置は重さ約2キロの金属の塊をリュウグウに打ち込んだ。出来たクレーターは直径約14.5メートルで、半円形をしていた。

宇宙 原爆ドーム JAXA はやぶさ2 スペースシャトル