今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:5月8日

八田与一が死去 台湾のやせ地を緑土に

1942(昭和17)年 台湾のダム建設で知られる土木技術者八田与一が殉死。台湾南西部の嘉南平野をかんがいする烏山頭(うさんとう)ダム、ダムに水を引き込むトンネル、平原を潤す水路の調査・設計・建設を指揮。20(大正9)年に着工したが、関東大震災による資金不足や爆発事故などで工事が遅れ、30(昭和5)年に完成した。この総合利水事業により、降雨が少なく干ばつに悩まされていた嘉南平野4500平方キロを、台湾屈指の穀倉地帯に変貌させた。日本からフィリピンに赴任するため乗船した船が米潜水艦の雷撃を受けて撃沈され、56年の人生を終えた。八田の功績は台湾の教科書にも載せられ、命日の5月8日には烏山頭ダムの近くで慰霊追悼式が行われている。

関連記事

その他の出来事

文部省が『尋常小学唱歌』を刊行

1911(明治44)年 文部省が『尋常小学唱歌 第1学年用』を刊行した。14(大正3)年まで2~6学年用を順次発行。文部省が東京音楽学校(現東京芸術大音楽学部)に編纂(へんさん)を依頼し、編纂委員会で合議によって作詞、作曲された。既存の曲や外国の曲は収録されていない。当時の唱歌教科書の特徴として「教科統合」という思想があった。特に修身、国語、国史などの教科書と共通の素材が使用された。第1学年用は「日の丸の旗 (現「ひのまる」)」「鳩」「桃太郎」「朝顔」「池の鯉」など現在まで残る曲を含め20曲が収載された。

米軍立川基地拡張に反対:砂川闘争始まる

1955(昭和30)年 東京都砂川町(現立川市)で米空軍立川基地の拡張反対総決起集会が開催。砂川闘争が始まる。57(昭和32)年の強制測量をきっかけに砂川事件が起き、その裁判が長期化した。米軍は横田基地の滑走路を延伸し、60(昭和35)年から順次、立川での業務を横田に移転した。米軍は68(昭和43)年12月20日に立川基地の滑走路延長計画中止を発表した。77年(昭和52)11月30日に全ての敷地が日本側に全面返還された。返還後の跡地は再開発され、商業施設、公立学校、広域防災基地、国営昭和記念公園などの施設が造られた。

イタイイタイ病、初の公害病認定

1968(昭和43)年 厚生省(現厚生労働省)が富山県神通川流域に発生したイタイイタイ病を三井金属鉱業の工場廃水によるとする見解を発表。国が認定した初の公害病となった。この2カ月前、同病患者ら28人が三井金属を相手取って提訴。1、2審とも、廃液中のカドミウムと同病に因果関係があると断定。同社が上告を断念し、患者側との和解に応じた。

関連記事

北朝鮮5人が日本領事館に駆け込み 中国公安が亡命阻む

2002(平成14)年 北朝鮮亡命者5人が中国・瀋陽にある日本総領事館へ駆け込む事件が発生。中国の公安当局が無断で領事館敷地内に侵入して5人を確保し瀋陽市公安局に連行した。中国側は総領事館の同意を得て敷地内に立ち入ったと主張したが、日本側は同意の事実はなかったと反論。中国側の対応は極めて問題だとして強く抗議するとともに、関係者の引き渡しを強く求めた。5人は第三国を経由して韓国に亡命。亡命者の受け入れに極めて消極的な日本の姿勢に、海外各国から批判が浴びせられた。

北朝鮮 台湾 公害 イタイイタイ病