今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月6日

武力攻撃事態関連3法が成立

2003(平成15)年 外国からの侵攻などの有事に政府が行う対処措置の基本を定めた武力攻撃事態対処関連3法が成立した。3法のうち新たに制定されたのが「武力攻撃事態法」。日本の平和と独立を確保するために政府が行う対処措置の基本理念、国・地方公共団体等の責務、国民の協力その他の基本となる事項を定めた。新法に関連して、安全保障会議設置法、自衛隊法の改正が行われ、戦後初の有事法制となった。北朝鮮の不審船事件、米国の同時多発テロ事件を受けて、これまでタブーとされてきた有事法制整備への理解が広がり、小泉純一郎首相が主導して策定した3法が閣議決定、国会に提出された。

その他の出来事

幕府遣欧使節、ロンドン覚書に調印

1862年(文久2年5月9日) 江戸幕府遣欧使節の正使竹内下野守(保徳)らがラッセル英外相とロンドン覚書に調印。その内容は、新潟と兵庫の開港、江戸と大坂の開市を1863年1月1日から5年間延期するとの取り決め。幕府は58(安政5)年、米、蘭、露、英、仏の5カ国とそれぞれ修好通商条約と結んだが、勅許を得ずに行われたため、京都朝廷の攘夷派公家らが反発。開港開市ができなくなり、遣欧使節を送り、欧米各国の理解を得た。しかし65(慶応元)年、英仏蘭連合三カ国艦隊が、将軍徳川家茂の上洛中を狙い、京都に近い兵庫沖に来航して修好通商条約の実行を要求。孝明天皇が勅許した。

北海道・幌内ダムが決壊 60人死亡

1941(昭和16)年 北海道雄武町で幌内ダム決壊事故発生。60名が死亡する。発電用のダムとして造られたが、運用開始前に集中豪雨が発生。ダム上流の幌内川から大量の雨水と流木が押し寄せ、流木が放水用ゲートをふさいだ。ダムは水圧に耐え切れず決壊。ダム湖の水は濁流となって下流の雄武町幌内集落に押し寄せ、家屋を流失させ、多くの住民の命を奪った。ダムは終戦後の53(昭和28)年に再建されたが、その後発電を停止し、砂防ダムとして残された。

東池袋大勝軒が開業

1961(昭和36)年 山岸一雄(1934~2015)が「東池袋大勝軒」を開業。同店が提供した「特製もりそば」は、つけ麺のルーツといわれる。周囲に商店も繁華街もない場所だったが、ラーメン愛好者に支持され入店を待つ長い行列ができる人気店になった。2007(平成19)年、再開発計画による立ち退きのため、閉店。08(同20)年、旧店舗の近くに新店舗・東池袋「大勝軒」本店として弟子が店長となり復活開業した。

ラーメン 自衛隊 ダム