今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:8月11日

反骨の記者桐生悠々が「関東防空大演習」を嘲笑

1933(昭和8)年 長野県紙「信濃毎日新聞」が主筆桐生悠々(1873~1941)の時局評論「関東防空大演習を嗤ふ(わらう)」を掲載。大日本帝国陸軍が8月9日から国民を動員し、関東地方防空大演習(夜間、ともしびを消した状態で敵機の来襲に備える訓練)を実施。桐生は信毎11日付紙面で「敵爆撃機を関東の上空で迎え撃つということは、わが軍の敗北そのものである。仮に迎撃しても全機撃墜は無理で、撃ち漏らした敵機に爆弾を投下されれば、木造家屋が多い東京は焼き払われる。しかも、こうした空襲は何度も繰り返される可能性がある」と警告。同演習が無意味であると断じた。大真面目の訓練を嘲笑されたと受け取り、軍部や在郷軍人会が強く反発。桐生は退職を余儀なくされた。

その他の出来事

前畑が200平で女性初の五輪金メダル ベルリン大会

1936(昭和11)年 ベルリン五輪の競泳女子200メートル平泳ぎ決勝で前畑秀子(1914~1995)がドイツ選手を0秒6差で振り切って優勝し、日本の女子選手として初の五輪金メダルに輝いた。国民はこの快挙に歓喜した。前回アムステルダム五輪の同種目で銀メダルを取り、「次は金」という国威発揚のプレッシャーに打ち勝っての勝利。ラジオの実況放送での河西三省アナウンサーが「前畑頑張れ!」を連呼したことも強い印象を与え、前畑の名は五輪史に刻まれている。

小学館が「週刊ポスト」創刊

1969(昭和44)年 小学館が総合週刊誌「週刊ポスト」を創刊した。ライバルである講談社の「週刊現代」から10年後の市場参入。出版社系総合週刊誌では最後発ながら、一時期は総合週刊誌で実売部数トップの座を占めたこともある。

北島、世界新で100平「金」 五輪連覇

2008(平成20)年 北京五輪の競泳男子100メートル平泳ぎ決勝で北島康介(25)が58秒91の世界新記録で金メダルに輝いた。前回アテネ五輪の同種目に続き連覇した。

村田がミドル級で「金」 五輪ボクシング2人目

2012(平成24)年 ロンドン五輪のボクシング男子ミドル級決勝で村田諒太(26、東洋大職)がブラジル選手を判定で破り、金メダルを獲得した。1964(昭和39)年の東京大会でバンタム級の桜井孝雄以来、日本勢として48年ぶり2人目の金メダリスト誕生となった。

8月初の祝日「山の日」

2016(平成28)年 この年から8月11日が祝日「山の日」になった。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」が祝日制定の趣旨。8月では初の祝日となる。14(同26)年に祝日法改正法が成立し、16年から施行。年間の祝日日数は計16日となった。自然に親しむ祝日は7月の第3月曜日に「海の日」が制定済み。これで祝日のない月は6月のみとなった。

関連記事

登山 柔道 五輪 水泳 雑誌 金メダル