シリーズ News Topics
「オバマ大統領訪問と被爆米兵」:広島関連記事リンク集
[2016.05.25] 他の言語で読む : ENGLISH | 简体字 | 繁體字 | ESPAÑOL | العربية | Русский |

オバマ米大統領が現職として、初めて広島を訪れた。追悼する犠牲者の中には、日本人だけでなく、捕虜となっていた米兵12人も含まれる。この訪問が「核兵器なき世界」の一歩となるのか。過去の記事とともに、立体的に読み解いてほしい。

オバマ大統領が被爆地・広島を歴史的訪問
「核なき世界」実現へ、慰霊碑前で訴え

米国のオバマ大統領は5月27日、現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪れ、安倍晋三首相とともに原爆死没者慰霊碑に献花。被爆者団体の代表や広島、長崎両市長らを前にスピーチし、第2次世界大戦の全ての犠牲者に哀悼の意を示すとともに、「核兵器のない世界」を追求していくと訴えた。

広島被爆米兵の名前を刻んだ日本の歴史家
森重昭さんのライフ・ワークを描いたドキュメンタリー

1945年8月6日に広島に落とされた原子爆弾によって亡くなった犠牲者の中には、12人の米兵捕虜も含まれていた。アマチュア歴史家の森重昭さんは、40年以上を費やし、被爆米兵の遺族を探し当てた。アメリカのバリー・フレシェット監督が、その記録を『灯篭流し(Paper Lanterns)』にまとめた。

「オバマ広島訪問」:期待高まる現地
被爆者ら招きスピーチも

オバマ米大統領の初めての被爆地・広島への訪問が決定。“核なき世界の実現”を再び訴えるスピーチも計画されており、現地では「70年来の悲願がようやくかなった」と、期待の声が上がっている。

反核・平和のシンボル、広島平和記念公園 オバマ米大統領の広島訪問を
広島テレビ社長の三山秀昭氏に聞く
“生命の記念碑”としての広島 「軍都」から平和の象徴へ—「外交ツール」としての広島
ここまで進んだ日米ヒロシマ・ナガサキの和解 ヒロシマ・鎮魂の式典と原爆ドーム
【360°】平和記念都市ヒロシマと世界遺産・原爆ドーム 今も続く核脅威とヒロシマの役割
この記事につけられたタグ:
  • [2016.05.25]
関連記事

ピックアップ動画

最新の特集

バナーエリア2
  • nippon.comコラム
  • in the news
  • シンポジウム報告