今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月9日

皇太子・雅子さま 結婚の儀

1993(平成5)年 皇太子(現天皇)と小和田雅子さま(現皇后)の「結婚の儀」が皇居・宮中三殿で国事行為として執り行われた。結婚の儀には天皇皇后(現上皇夫妻)は出席せず、式後に皇太子ご夫妻は「朝見の儀」で両陛下にあいさつした。ご夫妻は夕刻にオープンカーでパレードし、沿道の市民20万人からの祝福に笑顔で応えた。一般の披露宴にあたる「宮中饗宴の儀」が6月15~17日の3日間、昼夜1回ずつ計6回、皇居豊明殿で行われた。

関連記事

その他の出来事

寛永寺版大蔵経が全巻完成

1648年(慶安元年4月18日) 天海大僧正(1536~1643)が刊行を願った『寛永寺版大蔵経』が没後、徳川幕府の援助で完成した。日本で初めての木活字による経典。天台宗の高僧天海は徳川家康、家光に仕え、上野に寛永寺を開山した。大蔵経は一切経とも呼ばれ仏教の全ての典籍を収録した叢書(そうしょ)。寛永寺版の刊行は1637(寛永14)年から順次行われた。印刷に用いられた木(もく)活字が近年、寛永寺で発見された。総数26万個を数える木活字は国指定重要文化財(美術品)。

「明治一代女」お梅が刺殺事件

1887(明治20)年 東京・浜町の待合の女将花井お梅が番頭八杉峰三郎を刺殺。お梅は柳橋、新橋で芸妓(げいぎ)として名をはせた後、浜町に待合「酔月楼」を開業。実父との不和にからんで番頭の八杉を刺殺する事件を起こした。元名妓のスキャンダルは新聞などで大きく取り上げられた。終身刑となったが、1903(同36)年、特赦により出獄。波乱に満ちたお梅の生涯は、新内節『梅雨衣酔月情話(つゆごろもすいげつじょうわ)』、歌舞伎『月梅薫朧夜(つきとうめかおるおぼろよ)』、新派『明治一代女』などの題材となった。

サッカーW杯で日本初勝利

2002(平成14)年 国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ日韓大会のグループリーグ第2戦、日本代表がロシアを1-0で下し、サッカーワールドカップで初勝利を挙げた。後半5分、中田浩二、柳沢敦とつないだボールを稲本潤一が左足で押し込み先制点を決めた。稲本は2-2と引き分けた初戦のベルギー戦に続き、2試合連続での得点。日本は勝ち点4でグループ首位に立った。日本対ロシア戦は横浜スタジアムで行われ、フジテレビが中継。平均視聴率は66.1%で国内サッカー中継歴代1位だった。

皇太子 サッカーW杯