今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:7月27日

ロッキード事件で田中角栄元首相逮捕

1976(昭和51)年 戦後最大の疑獄事件といわれたロッキード事件を捜査していた東京地検特捜部が田中角栄前首相を逮捕した。同事件は米ロッキード社が旅客機を全日空に、対潜哨戒機を自衛隊に売り込むため、30億円を超える資金を日本側に渡したとされる。資金は3つのルートで政官界実力者に流され、田中元首相は丸紅を通じて5億円を受け取ったとして、8月16日に受託収賄容疑で起訴された。一審東京地裁は83(同58)年に懲役4年、追徴金5億円の実刑判決を言い渡した。二審東京高裁は一審判決を支持し、元首相の控訴を棄却。田中元首相は最高裁上告後の93(平成5)年に死去し、公訴棄却となった。

関連記事

バルセロナ五輪 女子200平で岩崎選手が金メダル

1992(平成4)年 バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで中学2年の岩崎恭子選手(14)が金メダルを獲得した。日本の五輪史上最年少の金メダリストとなり、この最年少記録は現在でも破られていない。五輪開幕前は世界記録と6秒も差があった。予選を2位で通過し、決勝ではゴール直前で世界記録保持者のノール(米国)を抜き、2分26秒65の五輪新記録で制した。試合後に答えた感想「今まで生きてきた中で一番幸せです」が話題になった。

その他の出来事

横浜検疫所「はわい丸」でコレラ患者発見

1916(大正5)年 横浜港に入港した大阪商船の貨客船「はわい丸」の乗客がコレラを発症。同船は香港を出航しタコマ(米ワシントン州)に向かっていた。神戸から乗船した乗客が横浜入港の際、数回嘔吐(おうと)したことが判明。長浜検疫所(現横浜検疫所)が検疫官を派遣して確認したところ、真性コレラに感染しており、2日後に死亡した。このため、同船を検疫所へ回航して乗員・乗客全てを収容するとともに、船を消毒した。8月9日に停留を解くまでに10人が死亡した。

戦後初のサハリン墓参団出発

1965(昭和40)年 第2次大戦後初めて、日本からソ連・サハリン島(樺太)への墓参団が出発した。日露戦争で北緯50度以南の南樺太が日本領となったことから、サハリンにはかつて移住した日本人の墓が数多くある。戦後は全島がソ連領となり、引き揚げ者は墓参もかなわなかった。この年から墓参が許されることになり、ペレストロイカにより墓参以外での渡航も可能になった。

東京で光化学スモッグ観測開始

1970(昭和45)年 東京都で光化学スモッグの観測体制が整備され、注意報・警報の発令を開始した。この日の11日前、18日に杉並区の東京立正高校グラウンドで体育の授業を受けていた生徒が、突然目の痛みや頭痛を訴え、四十数人が救急車で運ばれた。工場や自動車の排気ガスに含まれる窒素酸化物が大気中で紫外線を受けて光化学オキシダントという酸化性物質が生成される。光化学オキシダントの濃度が高くなると、気象条件により白くもやのかかった状態となる。これを光化学スモッグと呼び、日本で初めて発生が確認された。2014(平成26)年度以降、都内では保健所への被害の届け出はない。

五輪 田中角栄 ロッキード事件 コレラ