今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:8月4日

日本初のビアホールが銀座に開店

1899(明治32)年 日本初のビアホール「恵比寿ビヤホール」が銀座の新橋際(現銀座八丁目)に開店した。れんが造り2階建ての建物の2階115平方メートルを間借りして開業。床はリノリウム張り、イスやテーブルはビールのたる材で作られ、ガラス製のジョッキで供された。1日の来客数は平均800人と繁盛し、遠くから馬車でやってくる人もいたという。

関連記事

その他の出来事

秀吉、小田原城落とし天下統一果たす

1590年(天正18年7月5日) 北条氏直が豊臣秀吉に降伏し、小田原城が開城した。小田原征伐完了により秀吉の天下統一が完成したとされる。当時の小田原城は、徳川時代の城跡である現在のものとは比べられないほど規模が大きかった。通常の城郭に加え、城下町や田畑を取り囲む防御ライン「惣構(そうがまえ)」が全長9キロに達する。1561(永禄4)年に上杉謙信、69(同12)年には武田信玄が城を攻めたが、退けられ、難攻不落の堅城を印象付けた。秀吉も力攻めは無理と悟り、攻撃・包囲の前線基地「一夜城」を構築。同時に、関東各地にある北条氏の支城を攻め落とし、小田原勢を孤立させたうえで激しい攻城戦の末に降伏させた。

関連記事

五輪サッカーで強豪破る「ベルリンの奇跡」

1936(昭和11)年 ベルリン五輪のサッカー競技で、初出場の日本代表が強豪スウェーデン代表に勝利した。学生を中心に編成された日本代表は、優勝候補の一角であったスウェーデンとの1回戦。日本は2点を先制された後、川本泰三(早大)、右近徳太郎(慶大)、松永行(東京文理大=現筑波大)の3得点で逆転勝利。この一戦は世界中のサッカー関係者やファンから「美しく正々堂々とした戦いだった」と称賛され、「ベルリンの奇跡」として、後世に語り継がれるようになった。

学童疎開第1陣、上野から出発

1944(昭和19)年 学童集団疎開の第1陣として、東京・練馬区の小学校など5校の児童が群馬県などの疎開先に向け上野駅を出発した。7月7日にサイパンで日本軍守備隊3万人が全滅。本土空襲の本格化に備え、縁故先のない小学生らを学校単位で疎開させた。「疎開」は戦況に応じて隊形の距離・間隔を開く、という意味の軍事用語。「避難」「退避」という言葉を使わなかったのは、「退却」を「転進」と言い換えたのと同様、「軍事作戦の一つであり、決して逃げるのではない」と取り繕う意図があったとされる。

古賀政男に2人目の国民栄誉賞

1978(昭和53)年 作曲家の古賀政男(1904~1978)に国民栄誉賞の授与が決まり、首相官邸で福田赳夫首相から長男に賞状などが手渡された。この年7月25日に満73歳で死去した古賀は「独自の曲調『古賀メロディー』作曲による業績」が評価され、没後追贈された。プロ野球の王貞治に次いで2番目の同賞受賞者。

関連記事

「寅さん」渥美清が死去

1996(平成8)年 俳優渥美清(本名・田所康雄)が死去。68歳。「映画『男はつらいよ』シリーズを通じて、人情味豊かな演技で広く国民に喜びと潤いを与えた」業績が評価され、同年9月3日に国民栄誉賞を没後追贈された。山田洋次監督らの「男はつらいよ」全48本(山田監督以外の2本含む)で主役の「車寅次郎」として出演し、世界一の長編シリーズとしてギネス認定された。

関連記事

サッカー 国民栄誉賞 ビール 五輪 豊臣秀吉 日本映画