今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:8月14日

北島、五輪平2種目で2連覇

2008(平成20)年 北京五輪男子200メートル平泳ぎ決勝で北島康介が優勝し金メダルを獲得。北島は11日の100メートル平泳ぎ決勝でも優勝し、アテネ大会に続き2種目で2連覇という偉業を達成した。タイムは2分07秒64で五輪記録を更新。6月のジャパン・オープンで自身がマークした世界記録には0秒13下回り、100メートルに続く「世界新での金メダル」は逃した。

その他の出来事

船底用さび止め塗料に日本初の特許

1885(明治18)年 日本初の専売特許証が船底用さび止め塗料を開発した堀田瑞松に交付された。漆工芸家の堀田は漆に防錆効果があることを知っており、漆を主成分とする船底用塗料を試作。海軍からのお墨付きをもらい、同年7月、農商務省の専売特許所に「堀田鑛止塗料及ビ其塗法」を出願し8月に特許を取得。これが日本の特許第1号となった。

天皇の聖断で戦争終結が最終決定

1945(昭和20)年 第2次世界大戦終結に向け、昭和天皇と鈴木貫太郎内閣、陸軍参謀総長、海軍軍令部総長らの御前会議が宮城内防空壕で開催され、ポツダム宣言受諾を再確認した。8月10日の御前会議で受諾を連合国側に伝達。連合国の回答では「国体護持」が確実でないなどとして、軍部はなお抵抗。この日の御前会議では、鈴木首相が先手を打って天皇に聖断を仰いだ。天皇は「明治天皇の三国干渉の時のお気持ちをしのび、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、将来の回復に期待したいと思う」とお言葉を述べた。政府は中立国のスイス、スウエーデン駐在の日本公使を通じて無条件降伏を米英など連合国側に伝達。日本の降伏が最終的に決定した。

富士山で落石、12人死亡

1980(昭和55)年 富士山砂走り登山道で落石事故が起き、12人が死亡し、29人がけがを負った。落石は午後1時50分ごろ頂上の八神峰の一つ、久須志岳付近の岩場で発生した。直径1~2メートルの石50~60個が滑り落ちた。落石は本八合(標高3300メートル)から八合目(同3100メートル)にかけて多数の登山者をなぎ倒した後、六合目と七合目の中間付近で再び登山道に合流し、ここでも下山者を襲った。国内の落石事故で最悪の惨事となった。

NTTが移動通信事業を分社化

1991(平成3)年 NTTの事業分割の一環である移動通信事業の受け皿会社の設立準備のため、NTT移動通信企画(現NTTドコモ)が設立された。92(同4)年、「NTT移動通信網」に商号変更し、同年7月にNTTから携帯・自動車電話、ポケットベルなどの移動通信事業を譲り受けた。新規参入通信会社との公平な競争条件をつくるため、所管官庁である郵政省(現総務省)が事業分割を決めた。

SMAP解散が決定

2016(平成28)年 国民的アイドルグループ「SMAP」が同年12月31日をもって解散することを、ジャニーズ事務所が正式に発表。1月から続いていたSMAP解散騒動が一応の決着をみた。当初はメンバー5人のうち、中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草彅剛(41)、香取慎吾(38)がジャニーズ事務所から独立し、木村拓哉(43)が事務所に残るものの、グループは事実上解散するとされた。実際には稲垣、草彅、香取の3人が解散後に独立。同事務所が独立した3人を出演させないよう、民放などに圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が19(令和元)年7月、独禁法違反の疑いがあるとして調査。同年11月、「芸能事務所を退所した芸能人の活動を一定期間禁止する契約は独禁法違反(優越的地位の乱用)にあたる」との見解をまとめた。

テニスの錦織、リオ五輪で銅メダル

2016(平成28)年 リオデジャネイロ五輪のテニス男子シングルス3位決定戦で、第4シードの錦織圭(26)が第3シードのナダル(30、スペイン)と対戦、6-2、6-7、6-3で下し、銅メダルを獲得した。五輪での日本勢のメダルは、1920(大正9)年アントワープ大会で熊谷一弥が男子シングルスで銀を、熊谷が柏尾誠一郎と組んだ同ダブルスで銀メダルを獲得して以来、96年ぶり。

天皇 富士山 戦争 テニス SMAP 水泳 錦織圭 五輪・パラリンピックメダル