今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:8月21日

女子ソフト悲願の「金」:リオ五輪

2008(平成20)年 北京五輪のソフトボール決勝戦で、日本代表が米国代表を下し、悲願の金メダルを獲得した。エース上野由岐子(26)が鉄腕を発揮。米国打線を1点に抑え、3-1で制覇した。ソフトボールは1996(同8)年アトランタ大会で五輪競技に採用され、米国が3連覇。日本は4位、銀、銅と頂点まであと一歩及ばなかった。

その他の出来事

第1回内国勧業博が開幕

1877(明治10)年 第1回内国勧業博覧会が東京・上野公園で行われた。それまでの博覧会は名宝や珍品を集めて観覧させることが目的だった。勧業博は、殖産興業推進には不要な見世物を排し、欧米からの技術と在来技術の出会いの場となる「産業奨励会」を前面に押し出した。約10万平方メートルの会場には美術本館、農業館、機械館、園芸館などが建てられた。全国から集められた出品物は、鉱業及び冶金術▽製造物▽美術▽機械▽農業▽園芸-の6部門に分類され、審査により優秀作を表彰した。以後の博覧会の原型となった。

尾崎文相「共和制発言」に批判

1898(明治31)年 第1次大隈内閣(隈板内閣)の文相尾崎行雄が行った演説が問題となり、内閣瓦解の発端となった。その要旨は「世人は米国を拝金の大元のように思っているが、米国では金があるために大統領になったものは一人もいない。日本では共和政治を行う気遣いはないが、仮に共和政治がありと仮定しても、おそらく三井、三菱は大統領の候補者となるであろう。米国ではそんなことはできない」。発言は当時横行していた財閥中心の金権政治の風潮を批判したものだった。ところが、これが「不敬の言」であると曲解され、批判が広がった。

特高警察導入始まる

1911(明治44)年 治安事件捜査の専門部署として警視庁官房に特別高等課が設置された。「特高(警察)」として社会主義者らから恐れられた。明治天皇暗殺謀議の疑いで幸徳秋水らが検挙された「大逆事件」を契機に特高が導入され、内務省警保局保安課の専任チームと一体となって社会主義運動の抑え込みにあたった。12(大正元)年には特別高等警察課が大阪府に設置され、第1次世界大戦後に北海道、神奈川、愛知、京都、兵庫、山口、福岡、長崎、長野の各道府県にも置かれた。第2次大戦後廃止。

帝銀事件で平沢逮捕

1948(昭和23)年 帝銀事件の被疑者として画家の平沢貞通が郷里の北海道小樽市で警視庁に逮捕された。同事件は同年1月、帝国銀行椎名町支店で防疫班を装って毒物を飲ませた強盗殺人事件。12人が死亡し、現金・小切手が強奪された。自白以外に決定的な物証がないまま死刑が確定。再審請求が繰り返されるなか死刑執行は行われず、平沢死刑囚は87(同62)年、95歳で獄死した。

日本、最多のメダル獲得:リオ五輪

2016(平成28)年 8月5日から17日間の日程で開幕したリオデジャネイロ五輪が最終日を迎え閉幕。平成最後の夏季五輪となるこの大会で、日本は過去最多のメダル41個(金12、銀8、銅21)を獲得した。

関連記事

万博 五輪・パラリンピックメダル