今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月7日

米中選手が偶然接触 ピンポン外交始まる

1971(昭和46)年 この日まで名古屋で開かれた世界卓球選手権に、文化大革命後初めて中国チームが参加した。期間中、米国選手が中国側のバスに誤乗車して中国選手と握手を交わすハプニングがあった。これをきっかけに、最高指導者毛沢東の指示で中国が米卓球チームを正式招待。交流が断絶していた米中の雪解けムードが広がる。同年8月にはニクソン米大統領が日本の頭越しに訪中を発表。米中、日中の国交回復につながった。名古屋の大会は「ピンポン外交」の始まりとされる。

関連記事

その他の出来事

1947(昭和22)年 労働条件に関する最低基準を定めた労働基準法(労基法)が公布された。賃金、就業時間、休息などについて規定する法律。同法の基準を下回るような労働契約は無効となる。罰則付きなので、違反行為には刑事罰が科せられる場合がある。なぜ、戦前には考えられなかった雇用側に厳しい法律が制定されたかというと、同法公布前に公布された日本国憲法で「賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める」と規定したためだ。労基法は、労働条件の決定について労働者と使用者が対等の立場で決定すべきだとの総則を掲げた上で、週48時間労働、年次有給休暇、女子・年少者の深夜就業禁止、労災補償など労働条件の最低基準を示した。

1979(昭和54)年 連続テレビアニメ『機動戦士ガンダム』がテレビ朝日系列で放送開始。富野由悠季の原作・総監督でサンライズが制作。地球の人口過密を解決するため、人類が宇宙に植民都市を造って移民する未来を舞台に描く。ガンダムはロボットの形をした高速移動兵器。子ども向けロボットアニメとは異なる設定や筋立てのため、視聴率が低迷した。再放送で人気が出て、シリーズ化される。DVD、漫画、映画、プラモデルなどの派生商品も生み出され一大キャラクター市場を築く。

関連記事

2004(平成16)年 米英がフセイン政権を崩壊させたイラクで、現地武装勢力により日本人3人が身柄を拘束される。男性カメラマン、男女ボランティアの3人は15日に無事に解放され、日本に帰国した。武装勢力側はイラク駐留陸上自衛隊の撤退を要求したが、当時の小泉純一郎首相は峻拒。テロ事件が発生しているイラクへの渡航情報で外務省は邦人への退避勧告、渡航延期勧告を出していた。3人は危険を承知で渡航したとして「自己責任論」が台頭。帰国後、カメラマンらが自衛隊派遣を批判したことで、責任をただす声が高まった。

イラク 米中関係 ガンダム 労働基準法