今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:3月11日

東日本大震災が発生

2011(平成23)年 14時46分に、三陸沖の太平洋を震源とする巨大地震が発生した。地震の規模はマグニチュード9.0で、観測史上最大規模。宮城県栗原市で最大震度7が観測された。陸側のユーラシアプレートが、沈み込む太平洋プレートに引きずられて蓄積したエネルギーが一挙に開放された、典型的なプレート境界地震。三陸海岸を中心とする東北地方の太平洋沿岸を巨大津波が襲った。死者1万5899人、行方不明者2529人、避難生活の長期化などで亡くなった震災関連死3739人に達した。死者の9割は津波に巻き込まれた溺死だった。東京電力福島第一原発が津波により全電源を喪失。注水ポンプが作動できなくなり、原子炉冷却が長時間にわたり停止した。圧力容器内の水位が下がり、炉心溶融(メルトダウン)の過酷事故となった。国際原子力事象評価尺度(INES)で、ウクライナ(旧ソ連)のチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」と最悪の事故に認定された。溶融した核燃料や被覆管および原子炉構造物などが、冷えて固まった「燃料デブリ」の取り出しにもめどがつかず、事故の収束が遅れている。

関連記事

その他の出来事

1879(明治12)年 明治政府が琉球藩を廃して沖縄県を設置し、旧琉球国王・尚泰に東京への移住を命じた。琉球は江戸時代まで中国との朝貢貿易を認められていたが、政府は維新後の72年に琉球国を廃して琉球藩に改めた。中国(清)との関係断絶を迫ったが、士族階級を中心に抵抗運動が起こり、軍隊と警官を送り込んで鎮圧。79年の強制的な廃藩置県で「琉球処分」を完了し、沖縄が正式に日本の版図に組み入れられた。

関連記事

1984(昭和59)年 宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』が日本で公開開始。人類による環境破壊や戦争に警鐘を鳴らす作品は宮崎監督自身の長編漫画を原作に、長編アニメーション映画として制作された。当時、宮崎監督の知名度は高くなく、配給収入は7億円強にとどまったが、84年度のアニメグランプリ、日本アニメ大賞の作品部門をダブル受賞。テレビ放映されて人気を集めた。宮崎監督はこの映画の高畑勲プロデューサーらとともにアニメ制作会社スタジオジブリを設立。多くの名作を世に出している。

関連記事

1997(平成9)年 茨城県東海村にある動力炉核燃料開発事業団(動燃)再処理施設で爆発事故が発生し、労働者37人が低レベルの放射線に被ばくした。事故は低レベル放射性廃液をアスファルトと一緒にドラム缶に固める作業で出火。消火が不十分だったため、10時間後に建物で爆発が起きた。分厚い鉛の扉がひっくり返り、ガラスは砕け散った。国際原子力事象評価尺度(INES)の7段階中3の「重大な異常事象」だった。99年9月30日には動燃の燃料加工委託先である東海村の工場で臨界事故が起き、被ばくにより2人が死亡した。INES4と当時最悪の原発関連事故だった。

沖縄 東日本大震災 スタジオジブリ 宮崎駿 東京電力 原発事故 琉球王国