今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:4月16日

GHQ率いたマッカーサー元帥が離日

1951(昭和26)年 GHQ(連合国軍総司令部)最高司令官などを解任されたダグラス・マッカーサー元帥が日本を離れ、米国への帰途に就いた。羽田への沿道には約20万人の群衆が詰めかけ、空港では吉田茂首相が見送った。マッカーサー元帥は45(昭和20)年8月30日、厚木飛行場に進駐して以来、軍政のトップとして日本の民主化を進め、日本国憲法の成立にも深く関与した。朝鮮戦争の勃発で国連軍総司令官に任ぜられ、反対論があった仁川奇襲上陸を成功させ、ソウルを北朝鮮から奪還。北朝鮮優勢の戦況を逆転した。中国との全面戦争を主張してトルーマン大統領と対立。4月11日解任された。

川端康成、謎の自殺

1972(昭和47)年 ノーベル賞作家の川端康成氏が、仕事場として使っていた神奈川県逗子市のリゾートマンション逗子マリーナでガス自殺した。享年72歳。『伊豆の踊子』『雪国』『山の音』などの作品で知られ日本を代表する作家の死は、驚きをもって国内外に受け止められた。ノーベル賞受賞から4年足らずの自死をめぐってさまざまな推測がなされたが、遺書はなく確たる動機はいまだ不明。事故死との見方すらある。

その他の出来事

1929(昭和4)年 田中義一内閣の下で警察当局が日本共産党の党員と同党支持者約300人を一斉検挙し、その後も幹部の市川正一らを逮捕した。「四・一六事件」と呼ばれ、295人が起訴され、同党は事実上壊滅した。前年3月15日にも田中内閣は共産党の党員ら1500人を検挙。この「三・一五事件」後、同内閣は緊急勅令で治安維持法を改正し、「国体の変革」の罪には死刑を適用できるようにした。このため、四・一六事件の裁判では、三・一五事件被告以上に厳しい判決が下された。「共産党は国家転覆をもくろむ恐ろしい集団」との印象を国民に植え付けた。

1947(昭和22)年 裁判所法・検察庁法が公布され、5月3日、日本国憲法と同時に施行された。戦前の制度では裁判所構成法により、裁判所に付置された検察局が検察の業務を所管していた。裁判所の人事権も司法大臣が握っていた。戦後の裁判所法・検察庁法の制定により、裁判所から分離・独立して「検察官」の事務を統括する検察庁が設置された。検察庁は司法大臣(法相)の直轄機関となったが、個々の事件の取り調べ、起訴・不起訴などの処分については、法相は検事総長のみを指揮することができることになった。ただ、指揮権発動は54(昭和29)年の造船疑獄で、与党幹事長への強制捜査を任意捜査へ切り替えさせたのが唯一の例とされる。

1988(昭和63)年 スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画『となりのトトロ』が東宝の配給で劇場公開。原作・脚本・監督は宮崎駿。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー。当時は田舎だった所沢に引っ越してきた子どもと、そこに住むオバケたちの心の触れ合いを描いた。同じスタジオジブリ作品の『火垂るの墓』と共に公開された。興行収入は2作合わせて11.7億円と振るわなかったが、「キネマ旬報」の「日本映画ベストテン」第1位をはじめ多くの賞を獲得。

関連記事

スタジオジブリ GHQ 川端康成