今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月23日

安保条約が自動延長

1970(昭和45)年 午前0時に日米安全保障条約が自動延長。60(同35)年に改定された日米安保条約は、その期限を10年とし、以後は締結国からの1年前の予告により一方的に破棄できると定めた。逆に言えば、破棄の意思表示がなければ自動継続される仕組み。日本では一部の野党や労働組合などが破棄を主張する安保闘争を行ったが、国民の支持を得ることはなかった。

その他の出来事

強力な永久磁石・MK鋼の特許確立

1932(昭和7)年 東京帝国大助教授の三島徳七(1893~1975)が強力な永久磁石MK鋼の特許を取得した。ニッケル鋼に適量のアルミニウムを添加すると物理的性質が変化することに着目し、MK磁石鋼を発明した。現在、電子機器、航空機、自動車に使われるアルニコ系磁石の基になった。MK鋼のKは生家の姓喜住(きずみ)の、Mは養家の姓三島の頭文字。50(昭和25)年文化勲章を受章。特許庁が選定した日本の十大発明家の一人。

沖縄県の「平和の礎」が除幕

1995(平成7)年 沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園に戦没者23万4千人の氏名を刻んだ「平和の礎(いしじ)」が除幕された。礎(いしずえ)は沖縄の方言で「いしじ」と発音される。この日は45(昭和20)年6月23日の沖縄戦終結から50年。平和創造の礎となることを祈念して沖縄県が造り、「慰霊の日」に合わせて除幕し、戦没者の霊に祈りをささげた。国籍や軍人、民間人の区別なく、沖縄戦で死亡した全ての人々の氏名を刻んだモニュメントで、刻銘者は現在24万1500人を超える。

男女共同参画社会基本法を公布・施行

1999(平成11)年 男女共同参画社会基本法が公布・施行された。男女の人権が尊重され、性別にかかわりなく個性と能力を十分に発揮できる社会が「男女共同参画社会」。その実現に向け、基本理念を定め、国、地方自治体、国民の責務を示し、施策の方向を定めた。

沖縄 特許 男女共同参画 日米安保条約