今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:2月4日

横綱・朝青龍関引退

2010(平成22)年 モンゴル出身で大相撲の第68代横綱・朝青龍が、一般男性に対する暴行事件の責任を取る形で現役引退を表明した。この際、横綱審議委員から、横綱として初めての「引退勧告書」を受けた。きっかけとなった事件以前にも、けがの治療を理由に参加しなかった夏巡業開催中に母国でサッカーに興じたり、税金の申告漏れで追徴課税されたりと、問題行動がたびたび指摘された。幕内優勝25回。現役時代からモンゴルでは英雄視され、引退後は母国で実業家として活躍。

その他の出来事

1966(昭和41)年 千歳(札幌)発の全日空機ボーイング727-100が着陸直前に羽田沖に墜落した。乗客・乗員133人全員が死亡。乗客の多くはさっぽろ雪まつりを見て帰る観光客だった。死者数は当時、最悪の航空機事故だった。事故機は就航間もない新鋭機で、事故原因は確定できなかった。66年には日本だけで5件の民間旅客機墜落事故が起きた。1件目のこの事故は「全日空羽田沖墜落事故」と呼ばれる。

1976(昭和51)年 米上院外交委員会多国籍企業小委員会の公聴会で米航空・防衛機器大手ロッキード社が航空機売り込みのため、多額の工作資金を日本政府高官に渡したと証言した。田中角栄元首相ら有力政治家が相次いで逮捕される戦後最大の疑獄「ロッキード事件」解明の端緒となった。

関連記事

1994(平成6)年 日本将棋連盟が発表した93年の賞金・対局料ランキングで、羽生善治が1億63万円を獲得し、初めて1位となった。将棋界では初の1億円プレーヤー誕生。直近の同ランキング(2019年)でも羽生九段は2年ぶりに首位に返り咲き、1位獲得はここまで通算23回。

事故 飛行機 大相撲 全日空 将棋 航空機 田中角栄 ロッキード事件