今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:2月14日

羽生結弦選手、五輪フィギュアで日本男子初の金メダル

2014(平成26)年 ソチ冬季五輪の男子フィギュアスケートで羽生結弦(はにゅう・ゆづる)がフィギュア日本男子初の金メダルを獲得。前日のショートプログラムで公式大会初の100点超えを記録して首位に立つと、フリーで178.64点をマーク。合計280.09点でパトリック・チャン(カナダ)らを抑えた。

関連記事

その他の出来事

1920(大正9)年 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の第1回大会にあたる「四大校駅伝競走」が午後1時、東京・有楽町の報知新聞社前をスタート。同駅伝は、「日本マラソンの父」として知られる金栗四三(かなくり・しそう)らの「世界に通用するランナーを育成したい」との思いから誕生。早大、慶大、明大、東京高等師範学校(現筑波大)の4校が参加し、東京高師が優勝を飾った。

関連記事

1973(昭和48)年 最後の南米移民船「にっぽん丸」が285人の移住者を乗せて横浜港から出航。3月27日にブラジル・サントス港に到着した。同年7月からは航空機による移住となった。

1996(平成8)年 将棋の羽生善治六冠が第45期王将戦で谷川浩司王将を破り、25歳で史上初の七冠独占を達成。

関連記事

大学 羽生結弦 フィギュアスケート ブラジル マラソン 将棋