今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:5月20日

新安保条約 自民が単独承認

1960(昭和35)年 自民党が未明の衆院本会議で警官隊を導入して野党議員を排除し、新日米安全保障条約を単独で承認。この年1月、岸信介首相が米アイゼンハワー大統領との間で調印した新安保条約は、日本を防衛する義務を米国が負うことを明記するとともに、日本で米軍が武力攻撃を受けた場合には、日本が米軍を防衛する義務を負うことも規定し、平等相互の援助条約となった。日米間の政治、経済上の協力もうたわれた。日本の安全または極東の平和と安全への脅威が生じた場合に協議を行う「極東条項」も設けられた。社会党など野党や進歩的文化人は、事実上の日米軍事同盟であり、特に極東条項は日本をアジアの紛争に巻き込むとして、大学生や労働者らにも呼び掛けて大規模な安保反対運動を展開した。

その他の出来事

うま味調味料「味の素」発売

1909(明治42)年 鈴木製薬所(現味の素)がうま味調味料「味の素」を発売した。東京帝国大の池田菊苗教授が昆布だしの味の成分がグルタミン酸であることを発見。グルタミン酸を原料としたうま味調味料の製造方法を発明し特許を取得すると、鈴木製薬所に事業化を依頼。同社が製造を開始した。かつて味の素などが「化学調味料」と呼ばれたが、のちの化学工場による公害発生などでイメージが悪化。味の素はサトウキビを原料に発酵工程でつくられるとして「うまみ調味料」の名称定着に努めている。

成田空港、難産の末やっと誕生

1978(昭和53)年 飽和状態となった東京国際空港(羽田)から国際線を引き継ぐ新東京国際空港(成田)が開港した。この日は空港ターミナルビルでの記念式典だけが行われ、航空機の発着はなかった。建設に反対する地元農民や学生らの激しい抵抗に遭い、66(昭和41)年の着工から大幅に遅れての開業。しかも、4000メートルのA滑走路1本による部分開港だった。2002(平成14)年にB滑走路が2180メートルで暫定供用され、計画どおり2500メートルになったのは09(同21)年だった。

関連記事

初の外国人関取高見山が引退

1984(昭和59)年 ハワイ・マウイ島出身で外国人では初の関取となった高見山が引退した。気さくな人柄、慣れない異郷でひたすら相撲道に精進する姿が好感を持たれ、「ジェシー」の愛称で親しまれた。72(昭和47)年7月場所では外国人力士で初めて優勝。最高番付関脇。80(同55)年に日本国籍を取得し、日本名は渡辺大五郎。引退後は年寄・東関を襲名し、後に審判委員を務めた。弟弟子になる小錦を自らスカウトし、自分の弟子である曙を横綱まで育てるなど、師匠としても大相撲に貢献した。

関連記事

旭天鵬、37歳で初優勝 平幕対決制す

2012(平成24)年 大相撲5月場所で、西前頭7枚目の旭天鵬(37)が、東前頭4枚目の栃煌山(25)との優勝決定戦を制して初優勝を飾った。平幕同士の優勝決定戦は史上初。初優勝の最高齢記録を更新した。92(平成4)年に初のモンゴル人力士として来日。入門から20年で天皇賜杯を抱いた。最初は相撲界になじめず、角界入り半年で在日モンゴル大使館へ逃げ込み、帰国した。当時の師匠・大島親方(元大関旭国)がモンゴルまで迎えに行き日本に連れ戻した。2005(同17)年に日本国籍を取得。太田勝となった。最高位関脇。

相撲 モンゴル 成田空港 日米安保条約