今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:6月1日

取り調べ全過程可視化 始動

2019(令和元)年 刑事司法改革関連法が施行され、取り調べの可視化が本格的に始まった。同法は、裁判員裁判の対象事件、検察の独自捜査事件について、逮捕され、勾留中の被疑者の取り調べの開始から終了までの全過程の録音・録画を義務付けた。原則として録音・録画がない場合には、供述調書を証拠として提出できなくなると定めた。自白の強要による冤罪(えんざい)を防ぐのが目的。

関連記事

その他の出来事

家康が駿府城で死去

1616年(元和2年4月17日) 徳川家康が駿府城で死去。73歳。家康は1605(慶長10)年に将軍職を秀忠に譲って大御所となり、将軍が徳川家の世襲であることを天下に知らしめた。秀忠に威厳を与えるため2年後には駿府に移った。大坂冬の陣・夏の陣では自ら軍勢を率いて豊臣家を滅ぼした。直後に、諸大名を伏見城に集め、城の補修や婚姻は幕府への了承を得て行うことや参勤交代などを義務付けた「武家諸法度」を発表。同年、天皇と公家を統制するための「禁中並公家諸法度」を制定。徳川政権安定の布石を打った。

気象観測始まる

1875(明治8)年 東京気象台で日本初の気象業務が始まった。気象台が置かれたのは東京府第2大区溜池葵町の内務省地理寮。現在の港区虎ノ門、ホテルオークラ付近だった。当初は、英国から招かれたお雇い外国人ジョイネルが一人で1日3回の気象観測を行い、地震があれば土蔵の中の地震計で確認。間もなく、ジョイネルの要請により、日本人を伝習生(研修生)として採用し、ジョイネルの指導の下、観測に加わった。77(明治10)年6月には、ジョイネルの契約期間が終わり、伝習生の一人、正戸豹之助が観測主任になった。

関連記事

東京株式取引所が業務開始

1878(明治11)年 東京株式取引所(東京証券取引所の前身)が「日本資本主義の父」と称された渋沢栄一の主導で東京・兜町に設立され、この日営業を開始した。最初に上場されたのは旧士族が秩禄(ちつろく)処分で受け取った「金禄公債証書」のみだった。年末までに、渋沢が経営する第一国立銀行など4社の株式が上場された。            

関連記事

天気予報 派出所に掲示

1884(明治17)年 日本初の全国の天気予報が東京気象台から毎日3回出され、東京の派出所などに掲示されるようになった。この日出された最初の天気予報は、「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」と、日本全国の予想をたった一文で表現する大ざっぱな内容だった。曲がりなりにも全国の天気予報を出せるようになったのは、東京気象台を立ち上げた英国人ジョイネルの弟子が全国に派遣され気象観測を始めたため。

ソニーがAIBO 発売

1999(平成11)年 ソニーが子犬型のペットロボット「AIBO」をインターネットで限定発売。本体25万円、プログラミング用ソフト5万円(いずれも税別)と高価ながら、限定3000台をわずか20分で完売した。関節に相当する可動部が多く、滑らかな四足歩行ができる。各種センサーと人工知能(AI)を応用した自律プログラムにより、外部からの刺激に反応してくれる。その後も受注生産・販売された。

関連記事

気象 ソニー 渋沢栄一 冤罪 徳川家康