今日は何の日:On This Day in Japan

今日は何の日:8月24日

森永粉ミルク、ヒ素混入が判明

1955(昭和30)年 森永乳業の粉ミルクを飲んだ乳児に健康被害が発生した問題で、岡山大医学部の調査報告を受けた岡山県が厚生省(現厚生労働省)に猛毒のヒ素が粉ミルクに含まれていたことを報告。同社徳島工場でミルクの安定剤として使用した薬剤にヒ素が入っていたことが分かった。ヒ素入りミルクは主に西日本で販売され、厚生省の56(同31)年の調査で被害者約1万2千人、うち131人が死亡。知的発達障害や身体障害などに苦しむ被害者も多く、原因企業の森永乳業が負担して救済事業を行う仕組みがつくられた。

その他の出来事

森鷗外がドイツ留学に出発

1884(明治17)年 陸軍軍医の森林太郎(森鴎外)が衛生学修学・ドイツ陸軍の衛生制度調査を命じられ、横浜港からドイツ留学に出発した。ライプチヒ、ドレスデン、ミュンヘン、ベルリンなどを遊学し88(同21)年に帰国。学業の傍ら親しんだヨーロッパ文化に深く魅了され、訳詩集『於母影』、小説『舞姫』を発表。西欧文学の息吹を日本にもたらした。

「ウィンドウズ95」英語版が発売

1995(平成7)年 米マイクロソフトがパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ95」の英語版をリリースした。11月23日に日本語版が発売されると、東京・秋葉原の電気街でパソコン利用者が列をつくって購入する姿がメディアで伝えられた。一般ユーザーにも使いやすいことから、ウィンドウズシリーズが市場を席巻し、パソコン用OSのデファクトスタンダード(事実上の標準)となった。

関連記事

つくばエクスプレスが開業

2005(平成17)年 東京・秋葉原駅-つくば駅(茨城県つくば市)58キロを最速45分で結ぶ「つくばエクスプレス」が全線開業した。JR常磐線・地下鉄千代田線の混雑を解消するため、東京都、千葉県、茨城県などの自治体を中心に民間企業の出資も得て第三セクター「首都圏新都市鉄道」を設立。建設から開業後の営業まで同社が行っている。沿線の宅地化が進んだうえ、地下・高架の多用による高速運行が売り物となり、輸送人員、収益とも順調に伸ばした。構想段階では「常磐新線」と言われたが、つくばエクスプレス(略称TX)の路線名がすぐに定着した。

世界陸上で男子やり投げの村上が「銅」

2009(平成21)年 第12回世界陸上選手権ベルリン大会の男子やり投げ決勝で、村上幸史が82メートル97を投げて3位となり、銅メダルを獲得。五輪・世界陸上を通して男子やり投げで日本人選手初のメダリストとなった。世界陸上フィールド競技としても01(同13)年「銀」、03(同15)年「銅」の室伏広治以来2人目のメダリスト。

インターネット 陸上競技 森鴎外 つくばエクスプレス